スピードが落ちるから筋トレしないという謎の理論

スピードが落ちるから筋トレしないという謎の理論

スピードが落ちるから筋トレしないという謎の理論

1: 以下、ニュー速・無印がお送りします 2018/11/01(木) 20:11:14.95 ID:mf6uyP0p0
12日にアビゲイル・メディナ(30=スペイン)との、WBC世界スーパーバンタム級暫定王座戦に臨む亀田和毅(27=協栄)が1日、都内のジムで公開練習を行った。
 
7月から指示を仰いでいる多田久剛トレーナー(50)のもと、ボクサー人生で初めてというウエートトレーニングを披露。狙いはパワーアップだ。
 
「スーパーバンタムに上がってからの自分の課題だった。スピードとテクニックはイケてると感じていたので」
 
多田トレーナーのコンセプトは、下半身から拳へエネルギーを伝えることと、筋肉はつけるが体重は上げない、というもの。
これに関して和毅は手応えを感じているようで「下半身からパワーがちゃんと伝わっているという実感がある。代謝も上がっているので、減量も逆に楽な感じ」と語った。
 
対戦相手のメディナについて和毅は「上半身が強くて破壊力があるというイメージ。決まったときから研究はしているので、集中してやれば問題ないと思う」と自信満々。
 
「今は緊張もしていないし、ワクワクしている。KOは流れだが、最終的にできればいい」と腕をぶした。
 
www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/1175335/

 
 
 
続きを読む

【パヨク速報】文在寅政権は「現状を打ち壊す」革命政府だ!これでいいのだ 

【パヨク速報】文在寅政権は「現状を打ち壊す」革命政府だ!これでいいのだ 

1: 以下、ニュー速・無印がお送りします 2018/11/02(金) 06:27:55.71 ID:DXMxYfT20
文在寅政権は「現状を打ち壊す」革命政府だ
 
── 韓国はいったい、何を考えているのでしょうか。日韓国交正常化の際の
合意をいとも簡単に踏みにじりました。
 
鈴置:驚くことでもありません。文在寅政権は革命政権なのです。国内外を
問わず、気にくわないものは全て破壊します。この政権を生んだ2016年から
2017年にかけての朴槿恵打倒劇を、大統領自身がフランス革命に例えています。
10月30日の韓国の大法院――最高裁の「徴用工判決」は「日本の上に君臨する」
ことを宣言する“革命的”なものでした。
政権に近いハンギョレの社説「『裁判取引』で遅らされた正義…徴用被害者も
あの世で笑うだろうか」「法的にも日本を下に置いた」と勝利をうたい上げました。
(要約略)
この判決さえあれば、慰安婦合意で失いかけた「歴史カード」を取り戻し、これ
まで以上に日本を思う存分に叩ける――との喜びがひしひしと伝わってきます。(略)
 
── しかし、これでは日韓関係が完全におかしくなってしまいます。
 
鈴置:むしろ、それを望んでいると思います、政権の中枢部は。この政権は北朝鮮
との融和を最優先しています。
すると、北朝鮮を共通の仮想敵としてきた米国との同盟が邪魔になります。米韓
同盟を何とか廃棄に持って行きたい、というのが文在寅政権の本音でしょう。
そして米韓同盟は、良好な日韓関係があってこそ十分に機能します。つまり、
日本との関係を悪化させることが米韓同盟廃棄の伏線となるのです。
ただ、こうした手口は韓国の保守派の一部からは見ぬかれている。政権としては自分
の手を汚さず、最高裁をして日本との関係を破壊させるのがベストの解決策なのです。
 
韓国が露骨に北朝鮮の非核化の邪魔をするようになったので、米国メディアは
「文在寅は金正恩の首席報道官」と書き始めました。
でも、この政権はそんな“雑音”は無視し、北朝鮮との共闘にオールインして
います。北朝鮮の非核化を阻止したうえ、南北が一体化を進めれば「民族の核」を
持つ強国として米国から独立できるのです。(略)
日韓関係の破壊はその一里塚です。革命政権の米国からの独立作戦は着々と
進んでいるのです。
business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/226331/110100204/

 
 
 
続きを読む

ロト7、史上最高31億円以上のキャリーオーバー

ロト7、史上最高31億円以上のキャリーオーバー

1: 以下、ニュー速・無印がお送りします 2018/11/02(金) 07:17:52.40 ID:IOST7/Ty0
アメリカで発売されている「メガ・ミリオンズ」という数字選択式宝くじで、1等の賞金額が史上最高の約1700億円になり話題になった
(現地時間10月23日に当せん)。ここまで高額とはいかないまでも、実は日本でも同じような現象が起きている。
 
数字選択式宝くじ「ロト7」で、9月14日の抽せんを最後に1等の当せんが出ていない。そのため、キャリーオーバー(次回へ繰り越す制度)の金額が、
平成27年の26億7000万円という記録を大きく上回り、31億8000万円以上に達した(10月27日の抽選で1等が2口出たなどしたため、
現在は約18億5000万円に)。
 
キャリーオーバーの金額は、週を重ねるごとに加速度的に増えていく。売り場販売員によると、これには主に2つの理由があるという。
 
1つは、同じ組み合わせで複数口を買い、当たった時の金額を増やそうと思う人が増えたこと。そしてもう1つは、購入する組み合わせのパターンを増やし、
当せん確率を上げようと考える人が増えたことだ。
 
ちなみに「ロト7」で8億円が当せんした番号は、機械がランダムに数字を選ぶ「クイックピック」から出ている。いつもの購入方法に「クイックピック」を
加えてみてはいかがだろうか。
 
www.news-postseven.com/archives/20181101_793450.html?PAGE=1

 
 
 
続きを読む

ケンタッキーの公式サイトが中二病仕様に! 『双璧の肉王』など理解不能過ぎる

ケンタッキーの公式サイトが中二病仕様に! 『双璧の肉王』など理解不能過ぎる

1: 以下、ニュー速・無印がお送りします 2018/11/01(木) 19:34:57.88 ID:IciyuQ7V0●

 

 

 

 

 

 

 
日本KFCホールディングスグループの日本ケンタッキー・フライド・チキンは、チキンフィレで
具材を挟むという衝撃のメニュー『THE DOUBLE(ザ・ダブル)』を2018年11月1日より販売開始。
 
『THE DOUBLE』の販売にあわせて、福山潤、松岡禎丞さん、上坂すみれさんの豪華人気声優陣と
人気イラストレーター双葉はづきさんが集結し、スペシャルコンテンツを制作。
そのコンテンツが異常過ぎるほど中二病仕様。商品の説明が何を言っているのか理解できないレベルなのだ。
 
商品説明も次の様に理解不能。
 
双璧として聳えし王の帰還に民は再び踊り狂う
(意味:ボリューミーなチキンフィレオダブルが、ザ・ダブルとして再販になりました)
 
灼熱の業火から蘇りし不死鳥たちが歓喜の宴を繰り返す。
(意味:高温で揚げたチキンがジューシーで食べ応え抜群!)
 
黄金と漆黒の大剣が強欲な人たちを薙ぎ払う。
(意味:バーベキューソースとマスタードレリッシュの組み合わせがおいしいです)
 
また、ウェブサイトも中二病仕様になっているほか、Twitterにも中二文を投稿している。
 

ケンタッキーの公式サイトが中二病仕様に! 『双璧の肉王』など理解不能過ぎる


 

 

 


 
 
 
続きを読む

今年の赤ちゃん名前ランク「陽葵」「蓮」1位に

今年の赤ちゃん名前ランク「陽葵」「蓮」1位に

1: 以下、ニュー速・無印がお送りします 2018/11/02(金) 06:04:16.28 ID:YehUFs+x0●
ベネッセコーポレーションは1日、2018年に生まれた赤ちゃんの名前の人気ランキングを発表した。女の子は「陽葵」(主な読み=ひまり)が3年連続でトップ、男の子は2年ぶりに「蓮」(主な読み=れん)が1位になった。
 
「蓮」「樹」「葵」など植物や自然を連想させる漢字がトップ10に多く、同社は「変化の速い時代だからこそ、しっかり根を張ってすくすくと育ってほしいという親の願いが反映されたのでは」と分析している。
 
また、男の子では「健」(昨年113位)と「律」(同190位)が共に47位で急上昇した。NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」で、ヒロインと幼なじみの律りつ役を演じた俳優佐藤健さんの影響とみられるという。
 
www.yomiuri.co.jp/national/20181101-OYT1T50131.html

 
 
 
続きを読む

今期最強はゾンビランドサガ

今期最強はゾンビランドサガ

1: 以下、ニュー速・無印がお送りします 2018/11/01(木) 22:01:34.18 ID:mf6uyP0p0
佐賀)ゾンビアイドル救世主となるか? 県協力のアニメ
 
佐賀県が舞台のアニメ「ゾンビランドサガ」が注目を浴びている。ゾンビ化した少女たちがアイドルになって佐賀を救うという奇抜なストーリーだが、県もまじめに企画に協力。
民間調査の都道府県魅力度ランキングで下位に沈むなか、二次元のゾンビアイドルたちが文字通り、救世主となれるか。
 
「どやんす!? どやんす!?」。アニメの劇中、唐津弁の主人公、源さくらが困りだした。「どうしよう」という意味だ。SNS上では「どやんすかわいい」という反応があった。
 
今月上旬からインターネットテレビ「Abema(アベマ)TV」のほか、サガテレビやTVQ九州放送などで深夜から未明に放映中だ。
これまで佐賀城本丸歴史館やJR唐津駅など、県内の風景が次々と登場している。
 
県によると、2016年春に製…
 
残り:1455文字/全文:1775文字
 
無料登録して全文を読む
 
ログインして全文を読む
 

www.asahi.com/articles/ASLBS5QCGLBSTTHB00N.html
 
 
 
続きを読む

仏教の「お坊さん」、結構嫌われていることが判明 原因は「態度」「金銭感覚」

仏教の「お坊さん」、結構嫌われていることが判明 原因は「態度」「金銭感覚」

1: 以下、ニュー速・無印がお送りします 2018/11/02(金) 05:11:19.89 ID:gBtu22H20
「お坊さん」の評価は、「仏教」や「お寺」に比べて低い--。浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺)の総合研究所が
昨年、葬儀業者や消費者ら2221人から回答を得たアンケートで厳しい結果が出た。
 
調査は昨年8月に東京、同11月に大阪で開いた「エンディング産業展」で用紙を配り、業者991人、一般来場者500人、
宗教者165人などが回答した。
 
仏教、寺、僧侶の印象について、「悪い」が1、「良い」が5の5段階で尋ねたところ、平均点は順に4.1、3.8、3.5と
僧侶が最も低かった。仏教への悪印象の原因を選択してもらう設問では「特にない」(45%)に次いで「僧侶」が25%を占めた。
宗教者の回答に限ると41%が僧侶を選んでいた。
 
また、僧侶の悪印象の原因では「人に対する態度」が最多の23%で、「金銭感覚」(19%)が続いた。
一方、「教義の理解不足」「読経の力量不足」など僧侶の専門性への不満はいずれも5%程度。
また、「人に対する態度」を回答者別にみると、僧侶に接する機会が多い業者は27%に上り、
一般来場者の16%より多かった。
 
福本康之研究室長(49)は「僧侶の人間としての資質を上げる必要がある」と話した。
 
アンケートは僧侶の派遣サービスを巡り、全日本仏教会が2016年に中止を求めて批判を受けたことを機に、
仏教や寺への具体的な不満を聞き取ろうと実施。今年度も「葬儀に求められる宗教の役割」などを調査している。【国本ようこ】
mainichi.jp/articles/20181102/k00/00m/040/092000c

 
 
 
続きを読む

スズキがエブリィなど26万台リコール クラッチが壊れて走れなくなる恐れ

スズキがエブリィなど26万台リコール クラッチが壊れて走れなくなる恐れ

1: 以下、ニュー速・無印がお送りします 2018/11/01(木) 19:25:01.61 ID:VLS/fgCj0
スズキ(7269)は1日、「エブリイ」など計5車種の26万5479台について国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。
2014年8月18日~18年8月3日に製造した車両が対象となる。
 
変速装置の構造や形状に不適切な点があり、ベアリングの一部が破損してクラッチ操作が不能となり、変速不能や走行不能となるなどの恐れがあるという。
他社にOEM(相手先ブランドによる生産)供給する車種も対象となる。
 
r.nikkei.com/article/DGXLASFL01HQ9_R01C18A1000000

 
 
 
続きを読む

【悲報】 au、値下げを拒否! ドコモ追従は「絶対にない」と断言

【悲報】 au、値下げを拒否! ドコモ追従は「絶対にない」と断言

1: 以下、ニュー速・無印がお送りします 2018/11/02(金) 06:03:46.35 ID:DXMxYfT20
KDDI髙橋社長が、ドコモの値下げ“新プラン追従”「絶対にない」と断言した理由 ── 分離料金のトップランナーは我々、の自負
 
「いまから4000億円規模の還元をするということは絶対にない」
KDDIの髙橋誠社長は11月1日の同社の決算会見の場で、そう言い切った。この
発言は、前日にNTTドコモの吉澤和弘社長が発した2019年4?6月期に2?4割ほど
安くなる料金プランを提供し、年間約4000億円規模のユーザー還元を実施する
という発言に対するものだ。
なぜ、髙橋氏はドコモへの追従を否定したのか。その背景にはKDDIが取り組んで
きた料金プラン改革への自信がある。(略)
www.businessinsider.jp/post-178683

 
 
 
続きを読む

台湾脱線事故の車両に設計ミスと発表(日本車両製造) 安全装置切っても司令部に伝わらず。

台湾脱線事故の車両に設計ミスと発表(日本車両製造) 安全装置切っても司令部に伝わらず。

1: 以下、ニュー速・無印がお送りします 2018/11/01(木) 20:01:02.78 ID:nRh08mw10
台湾東部の宜蘭県で先月起きた脱線事故で、特急「プユマ号」をつくった日本車両製造(名古屋市)は1日、車両に設計ミスがあったと発表した。
本来は運転士が安全装置を切ると、その情報が運行を管理する指令に自動で伝わるはずだったが、ミスが原因で伝わらないようになっていた。
「安全装置の機能自体には問題ない」(同社広報)としている。
 
配線の接続で、納入先の台湾鉄道からの仕様書とは異なる設計になっていた部分があったという。
 
事故は10月21日に発生。列車が高速のままカーブに進入して脱線し、200人以上が死傷した。
速度が上がりすぎないようにする安全装置は、運転士が自分でスイッチを切ったとみられている。
 
2018/11/1 19:37
www.asahi.com/sp/articles/ASLC15DSNLC1OIPE023.html

 
 
 
続きを読む